車 下取り

MENU

メールでの査定金額を鵜呑みしない

車買取をする時に高く売るためにしてはいけないことの一つにメールの査定額を鵜呑みにしないというものがあります。
これは何故かと言うと、車買取の際にメールでもらう査定というのはあくまで実車を見せる前の査定だからです。

 

車買取業者のこのような査定を知らせてくる場合2つのタイプの業者が考えられます。
ひとつは実車を見る前の査定を高く出しておいて、実車を見てからどんどんと査定を下げるタイプです。
このタイプは査定の高さで客を呼び込み、後で安く買い叩くといった業者に多い査定の出し方です。
ただし、このようなタイプが一概に悪いわけではなく、最初から満額表記とわかっているのであれば高く買い取りをしてくれる業者として利用するのも悪くないでしょう。

 

そして、もう一つのタイプが最初のメールの段階では控えめな査定をしておいて、実車の状態を確認してから査定をアップしてくるタイプです。
このような車買取業者は車の状態をしっかりと判断してから、それにあった価格を提示してくれるので最初の提示が悪くても後から高く買取をしてくれたということがあるので、最初の査定が悪いからといって鵜呑みにしない方が良いことが多くあります。
しかし、この場合も後から価格を上げて得した気分にさせ相場よりも安く買うやり手業者も多いので相場はしっかりと把握しておきましょう。

 

このようにメールでの査定額というのはあくまで参考額なので、決して鵜呑みにしないようにしましょう