走行距離 査定額

MENU

走行距離と査定額の関係

中古車市場での車買取相場において、もっとも注目されるのは車種、年式、そして走行距離と言われています。もちろんすべての条件を高レベルで提示できるのであれば問題はないのですが、中古車には必ず何かネガティブ要素があるものです。

 

しかし、忘れてはいけないのは車買取相場を決めるのはあくまで市場であって、個人の鑑定士ではありません。中古車市場で必要としている人がいる限り、どんな条件であっても査定額はつきますし、意外なほど高くなるケースも珍しくありません。

 

現在の車買取相場は以前よりも少し高くなってきているといえます。理由としては、若者の車離れが進み、新車が売れなくなったことや、同様に車に対するこだわりが低くなったことも要因として挙げられています。車は走ればいい、荷物が載せられればいいといった、ライトな感覚で選ばれる傾向が強くなったのです。

 

車買取相場を上げている別な理由の一つに、現在の国産車の驚異的な進歩が挙げられます。以前は走行距離10万キロといえば廃車同然のような扱いでしたが、今の車は軽くその倍20万キロは普通にメンテナンスをしていれば走行可能です。前述した走ればいいと感じている人にしてみれば走行距離は大した問題ではないのです。

 

こんな車でも価格がつくのかな、と諦めることなく査定額を無料で出してもらうのはいかがでしょうか。車買取相場は今後しばらくの間、上がることはあっても下がることはないでしょう