車 下取り

MENU

初めて車の買取をするために準備しておくもの

必要なものはまず車に載せておく義務のある書類の確認です。当然あるでしょうが確認します。まず車検証、それから自賠責保険証書です。これはなくしているようなら再交付の必要があります。それからリサイクル料金を支払っているはずですからその控えのリサイクル券。これなくても良いです。車の載せているものはこれだけです。続いて自動車税納税証明書です。これは自動車税の延滞がないことを確認するためですが、車検用のもので良いでしょう。これだけが車査定に必要です。車査定自身には必要ありませんが、実際に売買する場合には必要なものとして、名義変更に必要なものも準備しておいた方が良いでしょう。まず印鑑証明が必要です。印鑑証明は有効期限があり3ヶ月以内なので、新しいものを用意しておく方が良いでしょう。実印。これは委任状と譲渡書に捺印します。用紙は買取屋さんが用意してくれます。それからもし車検証の住所と現住所、つまり印鑑証明の住所が転居などで違っていた場合はその関係を示す住民票の写しなどが必要です。これらの書類は車査定のときにはまだ必要ありませんが、早めに準備しておく方が良いかもしれません。車査定の後すぐに手放したいところですが、住民票などがそろわなくて手間取ることもよくあります。